バストアップに効果的な筋トレのポイント

バストアップにはこの部分を鍛えよう!

知っておきたいバストアップ方法別の副作用

 

筋トレを行う前に、バストアップに必要な筋肉を確認しておくことが大切です。鍛える筋肉は主に大胸筋と呼ばれる、バストの土台となる筋肉になります。

 

しかし大胸筋を鍛えても効果がないということを耳にしたことはありませんか。

 

実はそれも間違っているわけではありません。なぜならバストは9割が脂肪、残り1割は乳腺組織で構成されているからです。そのためバスト自体を大きくすることはできませんが、大胸筋を鍛えることには大きな意味があります。

 

大胸筋はバストを支える土台となる部分です。その土台を鍛えることで厚みを出し、バストアップにつなげるという目的で行います。実は大胸筋は普段からあまり使われることがありません。

 

そのため、鍛えることで大きな効果を得られる可能性もあるのです。また、筋力トレーニングを行うことで若返りホルモンが分泌されます。これは女性にとって嬉しいことではないでしょうか。

 

バストアップとともに若々しさも手に入れましょう。

鍛え方で自分好みのバストになる?

大胸筋といっても、大きく4つの部分に分けられることを知っていますか。実は鍛える部分によって自分の好みのバストを作ることができるのです。さっそくポイントをおさえていきましょう。

 

大胸筋は大胸筋上部、大胸筋下部、大胸筋内側、大胸筋外側と細かく分かれています。どの部分も美しいバストには欠かせませんが、部分的に意識して鍛えることで理想の形になるのです。

 

上部を鍛えると上向きのバストに、つまりバストアップに効果的なのです。下部を鍛えるとバスト全体にボリュームを出すことができます。そして大胸筋の内側を鍛えるとバストのシルエットがきれいに見えたり、垂れたバストに効果が期待できます。

 

バストを中心に寄せたい人におすすめです。今まで鍛え方で形を変えることができるのは知らなかった人が多いのではないでしょうか。鍛え方のポイントがわかると自分がコンプレックスに感じている部分を改善する近道となるでしょう。

理想はバストアップ、筋トレの方法は?

バストのコンプレックスの中でも、特にバストアップしたいと感じている人が多いはずです。では、バストアップに効果的な、大胸筋上部を鍛えるトレーニングはどのようなものでしょうか。

 

バストが垂れている人だけでなく、予防にも効果的なのでぜひチャレンジしてみてください。

 

まず腕立て伏せの体勢になり、両足をバランスボールの上に乗せます。バランスボールがない場合は台でも大丈夫です。手は肩幅より少し広めに置きましょう。そのまま肘を曲げて体を下に下ろしていきます。その後ゆっくり息を吐きながら元の体勢に戻りましょう。

 

このトレーニングはまずは10回を2セット、慣れたら3セット行ってください。このトレーニングのポイントは足を高く置くことにあります。足の位置が高いことで、通常の腕立て伏せより大胸筋上部に負荷がかかるようになるのです。

 

初めて行う人はきついと感じるかもしれません。その場合は低めの台からスタートしてもよいでしょう。