バストアップ 副作用

バッグを挿入する手術は信頼できるクリニックで手術するのがポイント

知っておきたいバストアップ方法別の副作用

 

バストアップする方法はいくつかありますが、最も早く豊かなバストを手に入れる方法としては美容外科で受ける豊胸手術があります。豊胸手術は多くの美容外科で行われている手術で、バストの中に医療用のバッグを入れたり自分の脂肪を他の部位から採取したものを注入するなどいくつかの方法がありますが、大きくしたい部分を切開して行われるのが一般的です。

 

副作用としてはメスを使う手術の場合、傷跡が残ったり痛みが生じるケースがあります。外科手術をともなりますので傷が膿んだり一般的な外科手術のような副作用が生じる可能性があるので注意が必要です。

 

又、バッグを入れる場合には体内で破けてしまうことがまれにあるため信頼できるクリニックで手術を受けるのが重要です。バッグの中身はシリコンや水が主流ですが、挿入する位置を間違えると不自然なバストになってしまうためカウンセリングをしっかり行うのもポイントです。

効果が2年前後持続する、ヒアルロン酸注入

知っておきたいバストアップ方法別の副作用

 

バストアップするための手軽の施術として人気なのがヒアルロン酸の注入です。ヒアルロン酸はアンチエイジングのための成分として顔の皮膚にハリを持たせるためにも使われていますが、豊胸手術にも多くのクリニックで使われています。

 

バストアップのためのヒアルロン酸を使った施術は副作用が殆どなく、メスを使わないためプチ整形にカテゴリー分けされています。プチ整形はメスを使わないため副作用が起きにくいのが特徴で、アレルギーなども起こりにくいためバストアップを自然な形で行いたいという方に人気の方法です。

 

バストアップ効果はバッグを挿入する方法に比べると穏やかですがハリを持たせて死産なバストアップをすることが可能ですし、効果は2年前後持続しますので、メンテナンスに通うのも楽なメリットがあります。手術を受けたことが誰にも分らず自然にバストのサイズをアップさせることが出来るのがヒアルロン酸を使った手術の特徴です。

サプリメントで自然なバストアップを目指す方法

バストアップを病院に通わずに行う方法として人気があるのがサプリメントです。サプリメントの主成分は多くのメーカーではプエラリアという成分が配合されていますが、副作用として不正出血や生理不順が起こることがありますので注意が必要です。

 

プエラリアという成分にはホルモンバランスを調整する効果が期待できるため、女性ホルモンと深いかかわりがあるバストのサイズをアップさせることが期待されていますが、女性ホルモンに変化が起こることで生理が不順になることがあるという報告が多数寄せられています。

 

プエラリアよりもマイルドに作用するブラックコホシュという天然の成分が配合されたサプリメントも、バストを自然にサイズアップさせるとして注目されています。副作用があるサプリメントは避けたいという方にはブラックコホシュが主成分のタイプが人気です。サプリメントは体調に異変を感じたらすぐに服用をやめることが推奨されています。

 

おすすめのバストアップサプリはこちら
↓↓↓
ピンキープラス